カウンター


 

とし坊の部屋Part Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昔の絵

描いた絵を捨ててはいけない、と学び、人にもそう言ってきましたが、私の人生もすでに後半戦。
残る家族に迷惑をかけてはいけないと思うようになり、数ヶ月前までに山ほどたまった水彩画の中から
かなりの数の絵を選んで破り捨てました。

他の方と違って、私の描く絵は「習作」と呼んでよいものが沢山含まれています。
自分の歩みではあっても人さまに見せられるものではないので。
それにここまできたら、自分の問題点やめざすべきものくらいは
過去のものを見直すまでもなく、もうわかっていなければ…。

でもさすがに破るに疲れました。

わたしは英字新聞紙が好きで、オイルパステルによく使いますが
その補強をするための紙はわざわざ探して切って準備していました。

でもよく考えたら、まさに同じサイズの水彩紙が手元に山ほどあるじゃあないですか。
ゴミ箱へ行くくらいなら、裏紙として活用しよう、と思って早速実行してみました。

ところが残った絵を眺めていてふと、「この上に描けばまた面白いものができるんじゃない?」とひらめきました。
その結果できあがってきたのが、今回投稿したこの5枚の作品です。
水彩のウォッシュとの対比を意識したので、オイルパステルの柔らかいノビを思い切り使ってぎっしり塗りこみました。

ひさしぶりに「らしい」オイルパステル画を描きました。
水彩、油彩、オイルパステルなど複数の表現方法を追求していくのは、なかなか大変です。

ひとつに没頭していると、他のふたつは忘れられますから。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村に参加しました
ポッチンご協力おねがいします

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。