カウンター


 

とし坊の部屋Part Ⅱ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NY Diary 10.9

今日は滞在中最悪の時をすごしてしまいました。
日本人県人会の主催で「被災地支援ジャズピアノコンサート」とかいうものがあるとのことで
お世話になっている方がご苦労しておられるので、頭数とDonation協力ならと。

すご~くギモンに思ったのは、出演者も被災地に住んでいるのをわざわざNYまで来てコンサートをする意味があるのか、ということ。
自分の住んでいるエリアでどんどんやって支援活動をすればいいじゃあないですか。
ピンときたのは「そうか!この人NYでやったという実績がほしいだけなんだ。」
Donationの相場は普通1$なんですから、多分金額実績も求めていないはず。
いやだなあ、と思いつつコンサートがやっとはじまったけど。

タッチぜんぜんだめ。ピアノを力任せにたたいてるって感じ。たしかにジャズという編曲は弾けてますよ。
でもピアニストなら、会場に合わせたタッチくらいはできて当然なんじゃないの?
耳に栓しなきゃあ聴いてられないって、演奏じゃあないです。耳に栓してましたよ。ほんとに

トークだって、カッコばかりで人間性伝わってこないし、素人まがいのヴォーカルまで平気で入れる無神経さ。
しかもマイク使わないで歌う、という準備の悪さ。
悪かったけれど、裏方のその方にだけご挨拶して中座しました。
ジャズの本場でこんな演奏を平気でするなんて、同国人としてとっても恥ずかしい。

名前はあえて書きませんけど、世の中にはこういう人がいるんですねえ。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

にほんブログ村に参加しました
ポッチンご協力おねがいします



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。